横浜の業務用エアコンクリーニングなら空調クリーニング道場にお任せください!

株式会社タイシン工業
045-744-8022 時間 9:00〜17:00 (日・祝休み)

横浜の業務用エアコンクリーニング

株式会社タイシン工業では、「空調クリーニング道場」として、業務用エアコンクリーニングを中心に、業務用エアコン販売業、冷媒回収業、管工事業、電気工事業、軽貨物運送業などを手がけております。
業務用エアコンクリーニングは、エアコンの機能性を維持し、効率的な運転を実現するために必要な業務です。クリーニングを行うことで、エアコンの運転状態を維持することができ、エアコン内部の空気を綺麗に保つことで、室内の空気を綺麗な状態に維持することができます。また、定期的なクリーニングを行うことで、効率的な運転を実現し、省エネが実現できます。

横浜の業務用エアコンクリーニング

急なトラブルにはメーカーや修理業者にすぐに対応してもらえないこともありますが、そのような緊急事態でも当社なら早急に対応させていただきます。
当社は、2017年より事業を開始したまだ歴史の浅い会社ではありますが、エアコンクリーニングなどではすでに豊富な実績を持ち、年々依頼件数も顧客も増やしており、おかげさまで業績も上がり続けています。
現状に満足することなく、常に挑戦を続け、新しい技術や知識を取り入れながら、どこにも負けない高品質なサービスを提供していくことをお約束いたします。
地域密着型で、親切・丁寧・迅速な対応を社員一同が心がけておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

01業務用エアコンクリーニングの必要性とは

業務用エアコンを定期的にクリーニングすれば、単に汚れを取り去るだけではなく、快適な空気の循環を実現できることになります。
エアコンの中にはゴミやホコリ以外にもカビなども生えやすいため、クリーニングをしないで使用していると、健康被害をもたらすこともあるのです。
環境面への配慮以外にも、エアコン内を汚れたままにしておくと、風量が弱くなるなどの本来の機能を発揮できなくなり、冷暖房コストのアップにつながってしまいます。しっかりクリーニングをしていれば、省エネ運転を可能にし、エコへの貢献にもなります。
エアコンを複数使用している場合は、ランニングコストの低減は企業にとってかなり大きなメリットとなります。ある調査によると、クリーニングをしないまま4年間エアコンを使い続けた場合と定期清掃をした場合では、電気代に約40%もの違いが出たという事例もあります。

業務用エアコンクリーニングの必要性とは

店舗やオフィスにお客様が訪れる場合にエアコンクリーニングを怠っていれば、嫌な臭いを発生させたりしてマイナスイメージを持たれてしまうこともあります。
快適な環境にすることは、従業員や店員の働きやすさにも影響します。暑過ぎたり寒過ぎたりする環境では、どうしても業務効率が落ちてしまい、企業の業績や売上ダウンにつながる可能性を高めてしまいます。

02 初めてクリーニングするときの注意点

初めてクリーニングするときの注意点

最近では一般家庭でも業務用エアコンを選択する方が増えてはいますが、まだそれほど普及しているわけではないので、オフィスなどの職場で初めて業務用エアコンを利用する方も多いと思います。
家庭では自分でエアコン内をクリーニングしていたから、業務用でも同じ要領で行えば良いと考えセルフで行おうとする方も多いようですが、フィルターの奥の清掃はプロに任せることを推奨します。
業務用エアコンでも、蓋を外してフィルターを拭き掃除する程度であれば自分で実行しても問題ないですが、それ以上の作業になると、エアコンを分解してパーツごとに高圧洗浄機などを使用して汚れを落とさなくてはいけません。
素人がきちんとした知識のないまま業務用エアコンのクリーニングをすると、内部に生えたカビをきちんと除去できなくてカビ臭さやアレルギー発症の原因にもなる可能性を高めてしまいます。室内にカビが充満してしまうと、アレルギーだけでなく喘息や肺炎などを引き起こす可能性もあるため注意しなくてはいけません。
業務用エアコンをしっかりクリーニングしないで使用していると、エアコンの過剰運転が行われて故障リスクも高めてしまいます。故障して修理で済めば良いですが、場合によっては買い替えを余儀なくされることもあります。

03 クリーニングをする前の3つのお悩み

1.エアコンの正しい清掃頻度は
エアコンにはフィルターが付いていて、ここにはゴミやホコリ以外にもカビも溜まりやすくなっています。
業者に依頼するまで放置している方も多いようですが、エアコンのフィルターは月に2回掃除することが推奨されています。
エアコン内部の清掃は、1〜2年に1回のペースで行いましょう。

2.エアコンを掃除しないとどうなる
エアコンを掃除しないと、フィルターや内部にどんどんゴミやホコリが溜まっていき、それが原因でアレルギーなどの健康被害をもたらす可能性を高めてしまいます。
ゴミなどが溜まると湿度や風量が弱まってしまい、故障を引き起こす原因にもなってしまい、エアコンの寿命も短くしてしまいます。

3.エアコンの臭いの原因は
エアコンから突然嫌な臭いがして不快な思いをしている方も多いと思います。エアコンから発生する臭いの原因は内部に発生したカビや、付着した汗やタバコなどです。
エアコンの中では空気を冷却している最中に発生する結露により、水滴と結び付くことでカビが発生して悪臭を放つ可能性があります。
エアコンは室内の空気を取り入れるため、その際にゴミやホコリ以外にも汗やタバコの煙なども吸い込んで、それらがエアコン内部に付着して悪臭の原因になることもあるのです。

04 業務用エアコンクリーニングの種類

オフィスや商業施設などで使用されている業務用エアコンには、天井カセット形、天井吊り形、床置き形などいろいろなタイプがラインナップされていますが、いずれにも定期的なクリーニングが必要になります。
クリーニングの方法は、エアコンの汚れ具合などの状態によって異なります。業務用エアコンクリーニングには、以下のようないくつかの種類があります。
セルフクリーニングとは、自身でエアコンをクリーニングする方法です。業者に依頼しない分もっとも費用を抑えられますが、間違った方法でエアコンを分解してしまうと故障リスクが高まり、修理や交換に多額な費用がかかることにもなりかねないため、よほどの知識や技術がない方以外は、セルフクリーニングで行う範囲はフィルターの清掃までに留めておくことをおすすめします。
オーバーホールは、室内機、室外機だけでなくダクトの隅々まで分解して徹底的に洗浄する業務用エアコンクリーニングの総合的なメンテナンスです。専門業者が部品を持ち帰って清掃するため、約3日程度の時間を要します。
完全分解は、現場で行うことができるクリーニングです。オーバーホールのように細部にわたって汚れ取り去ることはできませんが、作業は1日で済み費用も抑えられます。
簡易分解とは、業者に依頼する場合ではもっとも費用を抑えられ、手軽に行うことができるクリーニングの方法です。具体的には高圧洗浄機で内部に溜まったホコリや汚れを除去していくクリーニング法で、基本的には家庭用のエアコンに用いられています。

05 神奈川県横浜市に拠点を構え、業務用エアコンクリーニングを中心に事業展開

当社は神奈川県横浜市旭区に本社を構えています。
横浜市は、日本で最も人口が多い都市の一つであり、多くの文化的な活動が行われています。年間を通じて多くのイベントやフェスティバルが開催され、横浜市を訪れる観光客は年々増加しています。
神奈川県の定番の観光地でもある横浜市内には、異国情緒漂う街並みや横浜ランドマークタワーをはじめとする近未来的なみなとみらいの夜景、横浜中華街や山下公園など名だたる観光スポットが勢ぞろいしています。
また、横浜市内には、多くの大学があり、教育の文化的な活動が行われています。さらに、横浜では、日本文化を体験できる伝統的な観光スポットや、世界的な観光スポット、高級な美術館などもあります。
業務用エアコンのクリーニングに関して横浜市では、「熱中症予防のための業務用エアコンクリーニング実施表」の作成・実施、業務用エアコンクリーニング業務検査を行うなど、安全なクリーニングを行うための活動が行われています。
業務用エアコンの冷却効率を安定させるためには、定期的なメンテナンスが必要です。クリーニングを行うことで、エアコン内部の空気清浄度を維持し、冷却効率を安定させることができます。また、悪臭の原因となる異物の取り除くことで、悪臭を防止することができます。

06 業務用エアコンクリーニングの費用の目安

業務用エアコンのクリーニングは、年に1度のペースで行うことが推奨されています。
もちろん、使用頻度によってもクリーニングのスパンは変わりますが、オフィスや店舗でエアコンを使用するなら、常に快適な環境をお客様に提供しなければいけないため、業務用エアコンのクリーニングはできるだけこまめに行うことを推奨します。
業務用エアコンのクリーニングを専門業者に依頼した場合にかかる費用は、どこに依頼するかとかエアコンの種類によっても料金も変わってきますが。一般的な天井埋め込み式のエアコンクリーニングの料金相場は、1台につき約15,000〜40,000円となっています。ちなみに、2台だと約30,000〜80,000円、3台だと約45,000〜120,000円です。

業務用エアコンクリーニングの費用の目安

業務用エアコンのクリーニングは、家庭用と比べると作業に専門的な知識が必要になり、高所に設置されていることが多いため、どうしても料金の相場は高めに設定されています。
業務用エアコンクリーニングで消臭・抗菌加工や室外機の洗浄などを行う場合は、追加のオプション料金がかかる場合が多いです。
消臭・抗菌加工は約3,00〜6,000円、室外機洗浄 は 約3,000〜8,000円が相場となっています。業務用エアコンの室外機は家庭用エアコンのものより大きいため、料金は高めになります。

07 業務用エアコンクリーニングの費用を抑える3つのポイント

01一度にまとめてクリーニングを依頼する

複数のエアコンがある場合は、一度にまとめてクリーニングを依頼することで、費用を抑えることができます。
1台ごとのクリーニング料金は変わらなくても、業務用エアコンクリーニング料金には出張費や作業費が含まれています。そのため、複数回に分けて依頼するよりも、必然的に料金は割安になります。
また、複数台をまとめて依頼することで割引が適用になる場合も多く、値段交渉にも応じてもらいやすくなります。

02複数社から見積りをとる

業務用エアコンクリーニングのサービスを提供している会社は複数あり、それぞれで異なる料金を設定しています。
他の会社から相見積りをとっていることが分かれば、自然に価格競争が起きて値引きを受けられる可能も高くなります。最低でも3社以上に見積りを依頼することをおすすめします。

03シーズン外に依頼する

エアコンクリーニングの依頼が集中する時期を外すことで、費用を抑えられる可能性が高くなります。
一般的には4〜5月と9〜10月はシーズン外となっていて、この時期は依頼が少ないことから割安料金で依頼ができる可能性が高いです。予約が取りやすいというメリットもあります。

08 業者ごとのサービスの違い

エアコンクリーニング業者の数は年々増えていて、依頼先の候補も東京などの都市部では数えきれないほどあります。
エアコンクリーニングをするときにもっとも気になるのは料金という方も多いと思いますが、依頼先によってクリーニング代は変わります。料金は安いほど良いですが、あまりにも設定料金が安過ぎると清掃箇所が少なかったり、オプション料金が発生して結局他よりも高額になったりすることもあるので、どこまでの清掃をするか事前に確認しておく必要があります。
対象のエアコンの清掃に対応しているかも、依頼先を決めるときには大事なポイントです。最近では自動でフィルターのホコリを除去するお掃除機能が搭載されているエアコンが増えていて、お掃除機能付きエアコンのクリーニングに対応している業者は高度な技術力を備えている可能性が高いです。
平日忙しい方は、土日や祝日にも対応している業者を選ぶことがおすすめです。時間の融通も利くような業者も最近では増えています。
防カビ仕上げや抗菌コートをしてくれる業者もいて、エアコンから嫌な臭いがしているときになどは、このようなサービスを提供している業者を選択することをおすすめします。

09 エアコンクリーニングでよく寄せられる相談事例

  • エアコンクリーニングでよく寄せられる相談事例

    エアコンクリーニングをして施工不良が起きたり、それほど時間が経っていないのに故障が起きたりして業者側とトラブルになって困っているという相談が、消費者センターなどに寄せられることも少なくありません。
    優良業者であれば作業をしたときや作業後まもなくして起きた不具合にはきちんと対処してくれますが、エアコンクリーニングを行うために特別な資格は必要ないため、この業界には比較的新規参入がしやすく、それがトラブルになる大きな要因だと思われます。
    エアコンクリーニングでトラブルを引き起こさないためには、やはり信頼できる業者かどうかをきちんと見分けて依頼することがポイントとなります。
    エアコンクリーニング業に資格はないと記載しましたが、「エアコンクリーニング士」「第二種電気工事士」「ハウスクリーニング技能士」などの資格があればそれなりの技術力があると判断できます。
    賠償責任保険に加入していれば、クリーニング中に発生した不具合には補償が適用になるので大きな安心材料となります。
    エアコンクリーニングの依頼先をインターネットで探す方が多いと思いますが、作業実績や資格を明示している業者を選択すれば、トラブルに巻き込まれる確率を大幅に軽減できます。

10 エアコンクリーニングでよくある3つの質問

質問
お掃除機能付きエアコンはクリーニングしなくて良いの?
回答
掃除機能付きエアコンが掃除をしてくれるのはフィルターだけなので、定期的なクリーニングは必要です。
エアコンは部屋の空気を吸い込んでいるため、内部にはゴミやホコリ以外にも花粉やカビなども蓄積されています。
お掃除機能付きエアコンは通常のエアコンに比べると密閉性が高いですが、フィルターを掃除するだけがエアコンの掃除ではないため、定期的にクリーニングをしなければいけないということです。
質問
室外機の清掃もしてもらった方が良いの?
回答
オプションになる可能性が高いですが、室外機を一度も清掃したことがなく汚れが目立っているなら、室内機と併せてクリーニングしてもらうことをおすすめします。
室内機が汚れても室内機からゴミが出たり汚い空気が出たりするようなことはありませんが、室外機にゴミや汚れが溜まっているとエアコンの運転効率が低下し、電気代が高くなることもあります。
質問
クリーニング中は外出していても良い?
回答
エアコンのクリーニング中は依頼者がすることは特にないので、外出していても構いません。ただし、クリーニングを始める前と後には立ち合いをして動作や周辺状況などを確認する必要があります。
それに、外出してしまう何かトラブル起きたときの対処が遅れてしまうので、できるだけ現場にいることをおすすめします。どうしても外出するときには連絡先を教えておきましょう。

11 業者選びで注意すべきこととは

POINT エアコンクリーニング業者にはじめて依頼する場合は、今では多くの方がネットで検索すると思います。その際には各社のホームページを見てサービス内容を確認し、よさそうなところに問い合わせてから依頼することになるわけですが、各社のサイトの内容を鵜呑みにしてはいけません。
ホームページにはそれぞれの都合の良いことしか書かれていません。良いと思える依頼先が見つかったら、他のサイトでその会社の評判や口コミを確認して、悪評などが立っていないことをチェックしましょう。
中には適当な仕事をして高額なクリーニング料金を請求してくるような悪徳業者も混じっています。悪徳業者ではなくても、経験の浅い清掃スタッフが対応することになると、結果的に同じようなことになってしまいます。
口コミや評判も確認して依頼先の候補を絞ったら、まずは電話で問い合わせてみて、各社の応対を確認しましょう。優良業者なら電話に出るスタッフの教育も行き届いているので、言葉遣いなどを確認すれば依頼すべきかどうかが判断しやすくなります。
あとは気になる料金を確認して、事前に見積書を提出してもらい、内容をきちんと確認して不明点がなければ正式に依頼をしましょう。

12 ビルトインエアコンとは

ビルトインとは、はめ込む、内蔵するという意味で、ビルトインエアコンとは室内機を天井などに埋め込んで設置する空調機のことです。
ホテルやビルなどの大型施設でよく目にしますが、最近では家庭でも設置する方がかなり増えています。
天井埋め込み型が一般的ですが、他にも壁埋め込み型とフリービルトインエアコンの合計3種類があります。
壁埋め込み型だと、通常の家庭用エアコンのように部屋の壁に設置できます。クローゼットの上部など、普通のエアコンでは設置できない狭い場所にも納めることが可能です。デザインも、木枠でできたものやシンプルな白色など豊富に用意されているため、部屋に馴染ませたりスタイリッシュに見せたりすることができます。
フリービルトインエアコンは、押し入れの天袋や下がり天井など、使用する人のニーズに合わせて設置できるようになっています。
ビルトインエアコンの気になる価格は、一般的な家庭用エアコンの本体価格が4〜20万円程度であるのに対して10〜70万円が相場なので、取り付け費用も含めるとかなり高額です。
設置するメリットは、部屋をスッキリさせられたり、空調を効率的に効かせられたりすることなどが挙げられます。デメリットには、価格の高さ以外にもメンテナンスが大変、照明の配置が難しいなどが挙げられます。

お役立ち情報

業務用エアコンのクリーニングのタイミングとは
展開
業務用エアコンのクリーニングをいつ行えばよいか分からないという方のために、そのベストなタイミングについて解説しています。
大切なセルフチェックの方法も紹介しているので、社内や店内の快適な環境を保つためにもぜひご覧ください。
詳細情報
業務用エアコンはクリーニングしないといけないの?
展開
自動清掃機能がついている業務用エアコンならクリーニングする必要はないのでは?と考える方もいるようですが、ここではクリーニングが必要な理由を解説しています。
定期クリーニングをするメリットも紹介しています。
詳細情報
業務用のエアコンクリーニングをする最適な頻度とは
展開
家庭用のエアコンとは違い、業務エアコンは自分で完璧にキレイにするのが難しいため、専門業者に依頼しなくてはいけません。
ここでは、業務用エアコンをどのくらいの頻度でクリーニングすればよいかを紹介しています。
詳細情報
一般家庭に業務用エアコンを設置できる?
展開
リビングなどを広くしたいけど、家庭用のエアコンでは性能が不十分だという悩みを抱えている方も少なくないようです。
一般家庭に業務用エアコンを設置できるのか?という質問に回答しています。業務用エアコンの気になる寿命についても書かれています。
詳細情報
業務用エアコンクリーニングの正しい頻度はどれくらい?
展開
業務用エアコンはどのくらいの頻度でクリーニングすればよいかが分かる内容となっています。
クリーニングが必要かどうかの見極め方や、クリーニングしないと起こりうるデメリットも紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。
詳細情報
業務用エアコンにはどんなタイプがあるの?
展開
業務用エアコンにはどんなタイプがあるの?という疑問に回答しています。
タイプ別の用途や、メリットやデメリットについて詳しく解説しているので、業務用エアコンの導入を考えている方はぜひ参考にしてみてください。
詳細情報
貸しテナントの業務用エアコンクリーニング費用は誰の負担になるの?
展開
貸しテナントに付随している業務用エアコンのクリーニング代を誰が負担するかについて書かれています。
クリーニングをすべき頻度や、クリーニング費用を抑える方法なども紹介しているので、気になる方はぜひご覧ください。
詳細情報
業務用エアコンのクリーニングは自分で行っても問題ない?
展開
業務用エアコンのクリーニングは自分で行っても問題ない?という疑問に答えています。
クリーニングをプロに依頼した方がよい理由や、プロに依頼して得られるメリットについても書かれているので、参考にしてください。
詳細情報
業務用のエアコンクリーニングをセルフで行うときの注意点とは
展開
業務用のエアコンをセルフでクリーニングする際の注意点をまとめて紹介しています。
業務用エアコンのクリーニングを素人が行うことが難しいこともよく分かるようになっているので、自分でクリーニングにチャレンジしようと考えている方はチェックしてください。
詳細情報
業務用エアコンクリーニングでの失敗にはどのようなことがある?
展開
業務用エアコンのクリーニングは専門業者に依頼しなくてはいけませんが、ここでは業者選びの失敗例をいくつか紹介しています。
業務用エアコンのクリーニングを依頼する際の注意点も書かれているので、気になる方はぜひご覧ください。
詳細情報

PageTop

  • 横浜エアコン道場